ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

最近読んだ本

 

 図書館で借りた。これはもしや面白いんじゃないかと思って読み始めたら、やっぱりとてもおもしろかった。40代の気の合う女性ふたり(with猫4匹)が一緒に暮らす記録。韓国も日本も、女性の大変さ、そしてかわいさは一緒だなあ。

 

 

 

 ブレイディみかこの本を読むのは「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」「ワイルドサイドをほっつき歩け」に続いて3冊目。私は全然世界のことを知らないので、もうちょっと勉強しなければいけないな、といつも思う。

 

 

 

 これは、図書館で見つけて、いろんな食卓の食事風景が載ってるから楽しそうって思って気軽に借りたのだけど、びっくりする内容だった。何年も前に発売されてて、しかも調査対象の各家族が底辺じゃないってところにさらにびっくりした。こどもが嫌がるからってラーメンに野菜とかの具を入れない素ラーメンにしてる家とか、朝ご飯はお菓子を置いておくだけとか、子どもがおなかがすいたって言いだすまでなにも食事を用意せず、言ってきても冷蔵庫の中には野菜等がなくて、冷食とかコンビニで各自食べたいものを買って食べさせるとか。親が、自分の時間を大切にしすぎたり自分のしたくないことを排除(料理とか洗い物とか子どもを躾けるとか)していった結果だ。そういう怖い本だった。まあ私も料理はできるだけ手を抜きたいし、気持ちはわからなくもないけど。でも手の込んだ家庭料理とスナック菓子やカップラーメンのあいだに、何かが、その家族の「落としどころ」があると思うんだよな。

 

 

 

 実際この2か月くらいに読んだ本はとても少なくて、理由はもちろんこれにかかりっきりになっていたからです。最後はスケールでかすぎて笑うしかなかった。