ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

Netflixで「ハリウッド」というドラマを観た

ネットフリックスで「ハリウッド」というドラマを観た。前々からスクショが目に入るたびに「あーこのひとビッグバンセオリーのシェルドンに似てるなあ」と思ってたんだけど、よく調べてみたらジム・パーソンズ本人だった。(ネットフリックスの出演者情報には載ってないのよ!)

うっほほ~いシェルドンじゃないジム・パーソンズがみれる!と喜びながら視聴をはじめたが、第一話には出てこなかった。じらされてる?それともあまり出番がない役なの?と心配したけど、第二話で登場。どんな役なのか全然前知識なしにみたから驚いてしまった。そして少し困惑。

なぜ困惑したかというと、ジム・パーソンズ演じるヘンリーはゲイで、しかもちょっと、いやかなり屈折した、変態的なゲイだったから。ゲイであるジムがゲイの役をやることは別にいいんだけど、ろくなやつじゃなかったから、なんかこれで耳目を集めようとしてたらいやだなあと思ったり、でも役はあくまでも役なんだから気にするべきではないとも思ったり。

アマプラで観ることができる「モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~」っていうドラマでゲイのカップルが養女をもらうっていう話があって、そのカップルのひとりをアンドリュー・スコットが演じてる。アンドリュー・スコットもカミングアウト済み。このお話はとても素敵だったから、いつかジムにもこういう役がまわってきたらいいなあと思う。

 

「ハリウッド」のストーリー自体は、変にがっかりさせてくることなくハッピーエンドにつくられていて安心した。シーズン2は予定されていないのかな?