ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

アマプラでも観てる

最近観た映画でおもしろかったやつ。アマプラね。NETFLIXに入ったばかりの頃はそっちばっかり利用してたけど、でもアマプラでしか(現在は)観られないやつもあるから。あと金払ってでも(レンタルしてでも)観たい映画はアマプラのお世話になる。

  

 

 

残酷で異常 (字幕版)

残酷で異常 (字幕版)

  • 発売日: 2015/08/01
  • メディア: Prime Video
 

このスチールとタイトルでだいぶ損してるというレビューが多い。私もそう思う。でもこのおもしろさを、ではどういったタイトルと画で表現すればもっと人目を集めるものになったのか…。まあとにかく全然期待してなかったけどおもしろかったというとても得した気分になれた一本だ。

 

 

ナイトクローラー(字幕版)

ナイトクローラー(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

 これも期待しないで観始めたんだけど、もう最初っからジェイク・ギレンホールウィキペディアではギレンホールじゃなくてジレンホール表記)から目が離せない。この役、この人じゃなかったらムカついて観ていられなかったかもしれない。『ラブ&ドラッグ』みたいな役より断然こういうのがいいよ。

 

 

あと有名な映画では、本当に今更だけど『マイノリティ・リポート』を観たんだよね。何かの雑誌で、おすすめの映画だったか特別な一本だったか、著名人が紹介する特集で瀧がこの映画を挙げていたから。あと、息子が最近『電気羊はアンドロイドの夢をみるか?』(『ブレードランナー』の原作。『マイノリティ・リポート』と同じくフィリップ・K・ディックが書いた。)を読み始めたから。おかあさんは『ブレードランナー』も『トータル・リコール』も映画から入っちゃったからフィリップ・K・ディックは読まないかもしれんな。

あ、『マイノリティ・リポート』はめっちゃくちゃおもしろかったです。原作と全然ちがうとか設定が破綻してるとか、観る気を削ぐレビューもけっこうあるんだけどでも私はとってもおもしろかったよ。映像もきれいだったし。トム・クルーズってかっこいいんだね。あとコリン・ファレルがねえ、成田凌に似てると思ったよ。瞳がキラキラしててかわいかったなあ。