ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

『すべての男は消耗品である』から映画の話だけを集めている

 

すべての男は消耗品である。VOL.1~VOL.13: 1984年8月~2013年9月 連載30周年記念・完全版

すべての男は消耗品である。VOL.1~VOL.13: 1984年8月~2013年9月 連載30周年記念・完全版

  • 作者:村上龍
  • 出版社/メーカー: 村上龍電子本製作所/G2010
  • 発売日: 2014/06/16
  • メディア: Kindle
 

 

これをKindle Unlimitedで読んでる。あと一か月ちょっとしか時間がないのに(3か月299円くらいのキャンペーンを利用しているため。継続は…しないな。)まだVOL.2を読んでる。普通にVOL.1で一冊分のボリューム、というか13冊分をひとつの電子本にまとめたからめっちゃ文字数はある。そして頭の数冊は前に読んだことあるから未読の部分からスタートしてもよかったんだけど、せっかく読むなら村上龍が映画について書いてる部分を記録していこうと思って。昔から村上龍は映画の話をよく出していたのでそれをまとめたい。そのページをデジカメで撮って、非公開のブログにアップしている。

 

 

村上龍映画小説集 (講談社文庫)

村上龍映画小説集 (講談社文庫)

  • 作者:村上 龍
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1998/04/15
  • メディア: 文庫
 

 これ昔持ってたけど捨ててしまった。また読みたいけど図書館にはなかった。また買うか…。