ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

一週間に3冊読める本ってどういうの

たまに小学校から宿題のように出される読書週間のお知らせ。今回は、期間は一週間程度、読む冊数は最低1冊、MAX6冊、息子は3冊くらい読めればいいかなあ~なんて言ってる。ふたりで部屋の本棚をみてみるが、なかなかぴったりの本がない。

これすごいねって息子が取り出したのは京極夏彦。うん、これは無理だね。メロン牧場は?これだって長いよ。完全自殺マニュアルは?いいけど先生に心配されそう。そんなことないよ、これは読んでおいたほうがいいよ。じゃあこれは?みうらじゅんって知ってるっけ。マイブームって言葉を言い出したひとなんだけど。とんまつりJAPAN。全国各地のおもしろい祭りを観に行ってるやつ。ああ、いいかもね。あと、そろそろ君には乙一を読んでもらいたいなあ。それにしても、週に3冊読むってかなり大変だよ?私だって週に1冊読むのがやっとなのに。うん、図書室で100かいだてのへやを借りてる人いたよ。え、それ幼稚園児が読むやつ…。つーかほとんど字がなくね?君も前はそういうのよく読んでたねー。

ちょうどいい、未読の本がなかったので結局図書館に行った。ゾロリでも借りればあっという間に読めるじゃんって言ったけど、もうさすがにゾロリを読む気にはならないらしい。息子、星新一が読みたいっていう。ヤングアダルトのコーナーに、小中学生向けにまとめられた星新一の本があるの、おかあさん知ってる。場所を教えてあげる。あとあれがまた読みたいって最近言ってたやつを、詩や短歌とかのコーナーからささっと持ってきてあげた。これだ。

 

 これは読書週間に適しているかのジャッジは微妙なんだな…。