ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

もっと小学生でいたいと息子が言った

 

ultra-gekikara-curry.hatenablog.com

 

ずいぶん前にこんな記事を書いた。昼休み、ひとりで体育館で過ごしてるって聞いて泣いた。そのあとしばらく、お友達に遊ぼうって声かけるんだよ!とか今日はどうやって過ごした?とか聞いて息子にプレッシャーを与えてしまっていたので、そういうことを言うのは一切やめて、せめて家では楽しく過ごせるようにって心を砕いてきた。

このあいだ、息子が、もうちょっと小学生を続けたいと言った。今、五年生。来年度しか小学生でいられない。今はすごく学校の休み時間が楽しいらしい。僕、前は休み時間ひとりで遊んでることが多かったから。どきどきしながら、でも冷静を装って聞く。何してたの?絵を描いたり、体育館に行って歩幅をつかって広さを測ったり。これは今でも〇〇君に何やってたんだって馬鹿にされる。そうなんだ。でも今は友達と遊んでて、それがすごく楽しい。だからまだ小学生でいたい。中学ってどうなんだろう、楽しいといいんだけど。

近頃は、友達と中学に入ったらどの部活に入ろうという話もするみたい。お姉ちゃんやお兄ちゃんのいる子が情報を持っている。〇〇部じゃなくて△△部に入ろうと思うんだけど。お母さんはちょっと怒るかもしれないけど。なんで怒るの?〇〇部は先輩が厳しいんだって。怒らないよ。そこは入らないほうがいいよ、そういうのでびくびくするのはくだらない、でも代が変わればどうにかなるってこともあるだろうけどね。楽しくやれる部活だったらお母さんはどこでもいいと思う。

きっと中学も楽しい。そうだといい。そんでもって、残り1年半くらいかな、小学生を思いっきり楽しんでくれい。

 

 

f:id:ikarikezuri:20191027080357j:plain