ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

6月に読んだ本のいくつかの話。

 

辞書を編む (光文社新書)

辞書を編む (光文社新書)

 

 これを読んだ。Kindleアンリミテッドでみつけた。

 

余談ですが、3か月199円(だったかな?)のキャンペーン中だけKindleアンリミテッドを利用するつもりだったのに、退会するの忘れてて一か月分980円引き落とされてしまった…悔しい。…悔しい。一か月980円が惜しく感じるから、やっぱりKindleアンリミテッドは私にとって必要なものではないみたい。今月の期限ぎりぎりまで読みたいやつを読んで、すぱっとやめる。あれ?でももし今退会して、プライム会員限定の3か月99円のキャンペーンに申し込むっていうのはできるのかな?どうかな?でもなー、もう振り回されたくないしなあ。

 

 

『辞書を編む』、このあいだ読んだことばハンターの大人向けって感じかな。

ことばハンター (ポプラ社ノンフィクション)

ことばハンター (ポプラ社ノンフィクション)

 

 飯間さんの本は、これから機会があればいろいろ読んでみたいと思っている。

 

 

 

 

f:id:ikarikezuri:20190703050356j:plain

押川春浪の月世界競争探検は0円だった。このあいだ読んだ『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本』にちょっとだけ出てきて興味を持った。『いだてん』では武井壮が演じていた人ね。天狗クラブを作った人。

ごはん作ってるときに読み上げ機能で聞いただけで、まだ自分の目では読んでいない。

 

 

 この本はすごくおもしろい。この本を購入してくれたわが町の図書館に感謝する。でもいつか自分で買いたい。