ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

春にして君を離れ

f:id:ikarikezuri:20200806044504j:plain

バーナード嬢で長谷川さんが遠藤君に貸していたアガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』を読んだ。ううーん、後味よくないけどおもしろかった。

実はいままでアガサ・クリスティーを全然読んだことがなくて、息子に今度は『そして誰もいなくなった』を読むよと宣言した。

 

 

ハヤカワ文庫SF総解説2000 (早川書房)

ハヤカワ文庫SF総解説2000 (早川書房)

  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: Kindle
 

 息子はこれを図書館で借りている。

 

英文を書いてて気づいたふしぎ

英語学習用のキャンパスノートが今13冊目なのだけど、気づいたことがあるよ。

英文だと、無罫の、真っ白な、なんのガイドもないページでも字が下に曲がっていったりしないでまっすぐ書けるんだ。

 

f:id:ikarikezuri:20200802054808j:plain

ふしぎー。日本語を横書きしていくと、絶対に文字が下に落ちていくのになあ。(私の場合。)もしくはゆるやかに昇っていく。つまり、ノートに平行に文字を書いていけない。無罫どころか普通の横罫も苦手なのは、これが理由。

これは、もともとが日本語は縦に、英文は横に文字を連ねていくのと関係しているのかなあ。それとも私だけに起きる現象だろうか。

 

7月に読んだ本

『音楽が聴けなくなる日』

 これは夫が買ったやつ。ソニーが電気のCDとかの販売を差し止めた問題についての。 

 

 

 

『銀河ヒッチハイクガイド』

 ビッグバンセオリーでレナードが初版本を手に入れていたし、バーナード嬢でも神林が話題にしてた。 

 

 

『折りたたみ北京』

図書館で借りた。これの続編的な『月の光』も借りたいんだけどいつ行っても貸し出し中。最初に図書館で出会ったときに借りるべきだった。

 

 

 

『三体』

 図書館で借りた。貸出期間が二週間で、一週間で読み終わったから息子に貸して息子は5日間かからないくらいで読み終えた。Ⅱは買ってしまうかもしれない。 

三体

三体

 

 

 

 

『わたしを離さないで』

おもしろかったー!!一気に読んだ。 

 今はネットフリックスで『日の名残り』を観ているところ。原作が先のほうがよかったかなあ。

 

 

『文豪と借金』

かなり前に買ったやつ。やっと読み終わった。尾崎放哉 最高だな。

文豪と借金ー泣きつく・途方に暮れる・踏みたおす・開きなおる・貸す 六十八景
 

 

 

『こころ』

キンドルで0円のやつ。今は『三四郎』を読み始めた。 

こころ

こころ

 

 翻訳物はまあ多少変なところあっても気にしないけど、夏目漱石とか読んでると今の人、エッセイストとかの文章が下手すぎて気になって仕方なくなる。最近の日本人の小説家の本を読まないのはそういう理由もある。文章がおかしいしくさい。

 

8月はお盆休みがあるけど、そういう休みってなんだかんだで本を読む時間が取れないことが多いので3冊読めればいいな。あと図書館で『月の光』と『息吹』を借りられたらいいなあ。