ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

親不知で石を探す

f:id:ikarikezuri:20190516045037j:plain

 

GWに能生にカニを食べに行ったあと、親不知の海岸へ。

ヒスイを探す!!!

 

f:id:ikarikezuri:20190516045226j:plain

慣れ親しんだ直江津の浜は砂だから、砂利が一面に広がってる親不知はめっちゃ新鮮だった。これ袋に詰めて持って帰って水槽に敷きたい!今なにも飼ってないけど!

 

f:id:ikarikezuri:20190516045333j:plain

掘っても掘っても砂利と石!!これだけあったらヒスイもみつかるだろ!!!

 

でもさー、ヒスイっていって想像するあの緑色のきれいな石が普通にさらっと混じってるわけがなく、そもそもヒスイっていろんな色があるからさ、わかるわけないんだよ。

それでも、これそれっぽい、とかこれきれい、とかこれ好き、とかで選んでいくのがとても楽しくて、石を探してるだけなのにこんなに楽しいのはなぜだろうと思いながら熱中してしまった。息子も最初の写真のとおり、はいつくばって探していた。半日探せると思う。石を探して半日潰すとかめっちゃ贅沢な時間の使い方だな。

 

f:id:ikarikezuri:20190516050045j:plain

f:id:ikarikezuri:20190516050051j:plain

私が選んだ石たち。

今回はそこまで時間がなかったけど、次回はこれ持ってフォッサマグナミュージアムまで行って鑑定してもらうんだ~。

本当に水槽の底床として持って帰ってくればよかったかなあ~でも持って帰ってきたら何か飼いたくなっちゃうだろうしなあ、今はしっかり世話できる自信がないよ。しかし水槽の砂利の一粒がもしかしたらヒスイかもしれないって思いながら暮らすのは素敵だなあと思う。

 

いまウィキペディアでヒスイ海岸(私たちが行った親不知海岸も糸魚川のヒスイ海岸のひとつ)の項目を読んだら、「ヒスイ海岸では通称の由来となったヒスイ以外にも、ルビーやサファイアなどが時折見つかることがある」って書いてあって震えてる。うわあー。

 

 

縄文探検隊の記録 (インターナショナル新書)

縄文探検隊の記録 (インターナショナル新書)

 

 この前紹介したこの本に、ヒスイに関する章があっておもしろかった。