ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

コンデジとフィルム一眼レフ、たこ焼き撮り比べの巻

f:id:ikarikezuri:20190408051257j:plain

これちょっと前にここに書いた、柏崎のフィッシャーマンズケープで食べた「タコの惑星」っていう巨大タコ焼きの写真なんだけど。

これはコンデジ(フジのX30)で撮ったのね。私は大抵プログラムモードで、フィルムシミュレーションはソフトを選択している。

 

f:id:ikarikezuri:20190509051805j:plain

こっちはフィルム一眼レフ。ボディはリコーのXR500っていう当時から安さが売りのやつで、確か5000円くらいで買ったはず。レンズはペンタックスのSMC50mmF1.4。露出は…内蔵の露出計はついてるはずだけど私は使ったことない。いつも適当にその場の天気で決めてる。

 

フィルムカメラで撮ると昭和感が出る。

 やっぱりこっちの写りのほうが断然好み。

 

 この差をみてしまうと、やっぱりデジカメだけで生きるのは厳しいなって思ってしまう。フィルム、フジが値上げを発表したみたいだし、この先どんどんフィルムを手に入れるのが困難になるだろうに。ああーつらいなー。

フィルムで撮ったみたいに撮れる気軽に使えるデジカメが欲しいよー。気軽っていうのは、それほど高価じゃなくて、撮って出しでこの写りになるやつ。ライトルームでLAW現像とかしたくない。設定いじりまくってやっと一瞬かする程度とかダメ。

X30はコンデジとしてはめっちゃ気に入っていて、もしこれが壊れたら、フジは後継機はつくる気ないみたいだしX30の中古を買うと思う。というか今のも中古で買ったけど。でももし、無茶言ってるのはわかってるけど(方法が全然違うわけだから写りが違うっていうのは当たり前にわかってるけど)、フィルムカメラと比べても遜色ない写りのデジカメにいつか出会えたらっていうのはいつも考えてる。