ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

私が熟睡できない理由はだいたい100個くらいあって

まあ100個というのはもちろん嘘で、私が思いつくのは2個だけだ。

まずは寒さ。ちょっと寒かったりちょっと暑かったりすると寝られないという脆い体を持っているので、朝方の冷え込みは本当に無理。起きてしまう。なんかさー、現代の家は、暖房つけてなくても室温20度くらいをキープしてくれたりするんでしょ?信じられないよな。つーかそんなぬくぬくの家で育ったらどこにもいけなくなるじゃないの。うちは強風だと冗談抜きで隙間風が入り込んでくる。あまりに寒くて目が覚めるので、寝袋の中にも毛布を一枚仕込んで、その上に毛布を2枚かけてる。その毛布も、大槻ロール(ハンチョウ2巻参照)にしてる。余談だけどハンチョウ2巻読んだ夫と息子からは、私が寝袋に入るときに必ず「おかあさんロール」と言われてしまう。今の私の野望は、寝袋の中に電気毛布を仕込むということ。

寒さだけだったら春を待てばいいのだけど(いや待てない)、もうひとつ大きな熟睡できない理由がある。それは猫。私が横になると、絶対私の上に乗ってくるのよ。足の上なら許す。股のあいだとか。でも、奴が乗っかってくるのは私の胸から首にかけて。しかも、尻を私の顔に向けて座り込む。なんなら尻の穴、私のあごにあたってるんじゃないかと。毛皮の襟巻状態で首元温かいのは確かだけど、めっちゃ苦しいから。朝方、寒さと重さと息苦しさでうとうとしては目が覚め、またうとうとしては目が覚める、というのを延々と繰り返しているうちに携帯のアラームが鳴る。4時10分、起床。

夕方3時以降はコーヒーを飲まないって決めたくらい熟睡を希望してるわけだけど、これじゃあ到底無理だと思う。

 

f:id:ikarikezuri:20190208053302j:plain