ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

「天使的な言葉たちについての考察」 絶叫委員会/穂村弘

 図書館で借りている。

 

絶叫委員会 (ちくま文庫)

絶叫委員会 (ちくま文庫)

 

 上に貼ってあるアマゾンのリンクは文庫版だけど、そうじゃないほうの表紙ってこっち。

 

f:id:ikarikezuri:20190112140308j:plain

 

町には、偶然生まれては消えてゆく無数の詩が溢れている。

不合理でナンセンスで真剣で可笑しい、天使的な言葉たちについての考察。

 

「でも、さっきそうおっしゃったじゃねぇか!」

「日本人じゃないわ。だって、キッスしてたのよ」

「噛みつきますから白鳥に近づかないで下さい」

 

この本がどういう内容なのか、説明文と例と著者名によって読まなくてもわかるというか。いや、読まなきゃわからないけれども、おもしろいのが保証されているなとわかる親切設計。

 

(内容はやっぱりとてもおもしろいものだったけど、なんかこれ前にも読んだことあるなあって。前にも借りたことをすっかり忘れているみたいだ。)

特におもしろかったのが、江戸川乱歩の話。こういう発言できるひとって憧れる。

 

穂村弘の歌集以外の本は前にもいくつか読んだことがあるのだけど、この分じゃどれもほとんど覚えていないのでまた借りるつもり。そうそう、穂村さんがマスノさんと一緒に行動したときの話が載ってるやつにしよう。