ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

「絶対」なんてないからな、と思いつつも禁煙成功。

10月からのたばこ値上げのタイミングで、たばこをやめた。前々から、たばこ1個買う金でマンガ1冊買えるじゃ~ん!ってもやもや思ってたし別にうまいと思いながら吸ってたわけじゃない。本当に惰性で。

でも、禁煙はつらそうだし意志の弱い私には絶対無理だな~、本数減らすなりしても、死ぬまで吸い続けるのかな、高い金払って…と諦めに近い気持ちだった。私はほんとう、意志が弱いんですよ。

じゃあ何故、禁煙できたかというとやっぱりお金の問題は大きい。同じ時期に筋トレをやろう!と決意して、私の場合体重を落とすのが一番の目的じゃなくて筋肉をつけるというのが一番だったので、しっかりプロテインも飲もうと。じゃあそのプロテイン代はどこから捻出するんだー?ってなったときに、あ、たばこ代だわと。たばこ買わなければそのお金でプロテインを買えるなっていう本当にそれだけで、きっぱりやめられた。ニコチン依存症って何?って感じだよ。多分、ニコチン自体の依存性ってそんなに高くない。習慣化してるのがいけないんだろうね。朝起きてまず一服、飯食って一服がルーティンになってるとそこから抜け出すのはつらい。それを断ち切るために必要なもの…私にとっての「筋トレして筋肉と体力をつけたい」という希望、欲求、未来、そんなようなもの。やめなきゃ!じゃなくて、こうなりたいからたばこは必要ない!って思えるものがあるかどうか。

いやー、でもねー、これから先、まったく吸わずにいられるかと言うと自信はまったくないねー。生活の中に巣食っていた喫煙タイムを意識から消去することはできたんだけど、(最初はいつも吸ってるときに吸わない違和感は確かにあった。吸えない焦燥感というか)、マンガとかドラマでたばこ吸ってる人をみると、うわあー…って思う。最近だと、『鈴木先生』というドラマをAmazonプライムビデオで観ていて、先生たちが喫煙室でたばこ吸ってる場面とかきつい。だからもう絶対吸わない、とかは言えない。