ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

本日の3本 (まったくおすすめできない組み合わせと、ビクーニャへの愛)

f:id:ikarikezuri:20180310105534j:plain

本日の3本

・筆タッチサインペン 黒

ビクーニャ 0.7 赤

・無印ノック式蛍光ペン 緑

 

今日はなんの実用性もない組み合わせだ。トータルコーディネートがなってないっていうか、興行全体をパッケージとして考えるって、昔、全日の社長時代の武藤も言ってたよな。

もうちょっと詳しく言うと、前座の若手の試合、コミックマッチ、シックスメン、タッグ、そしてメインのシングル。そういう各試合のバランスを考えながら、興行を形づくっていくって話なんだけど…。

今日の3本はまったくもってそれができていない。

理由は、この画像をご覧ください。

 

 

f:id:ikarikezuri:20180310110050j:plain

あれ?ちょっとこの画像じゃわかりにくいか…。

筆タッチサインペンの上に蛍光ペンでラインをひくと、めっちゃ筆タッチサインペンのインクが溶け出してラインが黒くなるんだよ。きったねえ!

というか、普通に考えればこんなのすぐわかるよ。使えないって。でも3本全部のバランスを考えるのが億劫で…。そしてノック式蛍光ペンがかわいすぎて、使えなくてもいいから持ち歩きたいっていう。

あーあ、本当は毎日ちゃんとテーマを決めてペンを選びたいな。

 

 

話題を変えて、ビクーニャの話をします。

前から、書いてるときの感触とかで、私の愛する無印の「なめらか油性ボールペン」の中身はビクーニャでは?と思ってて、でも私、「なめらか油性ボールペン」は赤を持ってなくて、そしてビクーニャは赤しか持ってないから書き比べできないなあ、はやいところ「なめらか油性ボールペン」の赤を買わなくちゃなあって思ったけど、

無印良品のなめらか油性ボールペンはビクーニャOEM商品で間違いないだろう

という意見をたくさんみつけて、ああ…インターネット便利って思った。「なめらか油性ボールペン」の赤は間違いなく買うんだけども、替え芯が手に入りやすいって思ったら安心できたよ。

 

 

f:id:ikarikezuri:20180310111906j:plain

インクがダマになるの、油性ボールペン!って感じがして大変よろしい。

(これが嫌だってひとがいるのも理解できる。)