ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

ドラマ『重版出来!』第九話

ドラマ『重版出来!』の第九話をみた。

今回が一番泣いたかもしれない。五百旗頭(いおきべ)回。

原作と違うところは、高畑一寸先生の元担当が和田から五百旗頭になっていたことと、『ヒッチポッチ』っていうエンペラーで連載中の大人気漫画が実は最初は五百旗頭担当でバイブスでの連載が予定されていたこと。(当時の編集長の反対にあい、五百旗頭は作者と作品のためと思って作品ごとエンペラーに移ることを了承した。)

あと原作だと一寸が言う「どこかにいい女いないかねえ」が、梨音の「どこかにいい男いないかなあ」に変わっていた。

 

最上もがだからか、梨音が原作よりだいぶセリフ多い。(というか原作だとぶさいくなビッチなんだよな。)

もがちゃん、与えられた役をしっかり務めあげていたと思う。ただの我がまま女じゃなくて、どうやってもつの姫に勝てない悲しさが出てた。よかったと思う。声もかわいかった。もがちゃんに幸あれ…!

 

今回は子熊も頑張ってたよ。原作だと和田さんに操を立てて…みたいな感じだったけど、ドラマだと子熊のセリフが効いてたと思う。

 

あと、前に岡さんが最初のイメージぴったりって言ったけど、一寸先生もかなりイメージ通り。(アユちゃんは最初…違う…って思ったけど、今はめっちゃアユちゃん。伯がアユちゃんをみてアスミのイメージ湧きまくって会社のエントランスで床にはいつくばって絵を描き始めるシーンはとてもよかった!)

私は、原作での「一寸先生が書店でマンガ本を吟味してるシーン」がめちゃくちゃ好きなんだけど、あれやってほしかったなあ。シーズン2やってくれないかなあ。

そう、なんと次回が最終回…!悲しくてまだ観てない。しっかり覚悟してから観るつもり。

 

 

 

重版出来! 10 (ビッグコミックス)

重版出来! 10 (ビッグコミックス)

 

 そして10巻買いました。