ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

重版出来、アルビノ、歯、脳ダイエット (最近読んだ本)

 ツタヤで借りた。

 4巻~7巻まで読んだ。

この本読んでると仕事をがんばりたくなるよね?現在まったくがんばってないけどさ。

漫画家と編集者だけじゃなくて、書店員、アシスタント、装丁デザイナー、アイドル、校閲さん、はてはバイク便のお兄さんまで…みんな自分の仕事に誇りをもって働いているところがほんとに気持ちよく読める。モブじゃなくてその時に焦点があってないだけ。それぞれいつだって悩みながらがんばって仕事してるんだなって思う。

 

 ちょっと気になるのは、キャラの顔がころころ変わるところかな。画質が安定してないというのだろうか。

 

今回読んだ巻のなかで特に印象に残ったのは、西脇先生。

「美しいものがすき」な西脇先生。かなりの変わり者の天才として描かれているけど、 「美しいものがすき」であるゆえの誰にも言えない孤独…。

「私の青は、子供の頃の空の青なの。」

その青は、あの日、戦争が終わった日の空の青。

「自由の色よ。」

今、自分を生かしてくれているのは自由のおかげ。だけど昼の空襲を美しいと思い、それを先生に伝えたら血を吐くまで殴られた記憶。何もかも焼き尽くした戦争は憎んでいるけど、あの青い空にきらきら輝いていた光を美しいと思ってしまった、そんな自分を恐ろしく思っている。凡人とはかけ離れた美的感覚をもつ天才ゆえの、深い絶望のようなもの。

 

重版出来!、こんな側面からもえぐってきたか…と思った。

あと、黒沢さんが「スティーヴ・ジョブズはいなくても…」とつぶやくあたりがいい。

 というかどの話もいい!河さんのこども時代のるうるうの話とか…。泣く。

 

 

 

 

 図書館で借りた。

アルビノの話をしよう

アルビノの話をしよう

 

 とてもいい本だった。もしまわりにアルビノの方がいるならぜひ読んでほしい。そのアルビノの方じゃなくて、あなたに向けて言っています。できればアルビノには出会ったことがないという人にも。

 知らなかったことを知るっていうのは本当に大切で尊いことだなと思う。知ることによって他者への配慮と許容が生まれるんだと思う。

 

 

 

 

 プライムリーディングで。

 これはさー、いろいろ思い当たるフシがありすぎて…。とくにTCH(歯列接触癖)ね。

私みたいに、口の中の骨がぼこっと出てる画像も載ってた。TCHで貧血ぎみで低血糖ぎみの私のような人間は唾液の分泌量が少ないらしいよ。唾液が少ないってことは口の中で菌が繁殖しやすいってことで、虫歯や歯周病が進行しやすいわけです。

そういえば鉄分のサプリメントを夫に頼んで買ってきて貰ったら、なんかいまいちピンとこないやつ買ってきた…。「ヘム鉄ばっかりだったからあえて違うのにした!」とか言ってたけど、私はそのヘム鉄が欲しかったんだよねえ~。

 これはしっかり説明しなかった私が悪かった。サプリメントは自分でみて選びましょう。

もし抜歯するときの費用だったかな?国ごとに金額が出ていたんだけど物価がそれぞれ違うからってことで「ビッグマックだったら何個分」で計算してたのがおもしろい。これってポピュラーな方法なのかな?と思ってぐぐったら「ビッグマック指数」というらしい。ウィキペディアにあった。有名なんだねえ。知らなかった。

 

 

 

 これもプライムリーディング。

 太らないひとは、「おなかがすくまで食べない」という内容。

子どもの頃っておなかがいっぱいになったら無理して食べないよね?そしておなかすくまで食べないで遊んでるよね?それが人間本来が持ってる太らない力なんじゃない?っていう話。

最近「ストレス食べ」なんじゃないかなって思うことが多い。食べなくてもいいもの食べちゃったりしてね…。日曜の夕飯なんてやばいよ。休日は私がごはんを作るんだけど、明日からまた会社だからせめて今日は食べたいもの食べたいだけ食べよう!とか思ってしまうの。で、夕飯はがっつり肉系。もちろん体重はじわじわ増加中。

とりあえず、夜は白米を食べないところからはじめたい。

 

 

プライムリーディングは一度に10冊までしか利用できない。新しいのを読みたかったらいまの10冊のどれかを消さなくちゃ。なんだかんだで今10冊Maxまで利用しちゃってる…どんどん読もう。

 あと、キンドルアプリの、気に入った文章にラインを引く機能のやりかたがわからない。