ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

再読2冊

 

タンノイのエジンバラ (文春文庫 (な47-2))

タンノイのエジンバラ (文春文庫 (な47-2))

 

 

これがまた読みたいなーと思って図書館で借りた。

ずっと頭に残ってた話があって、どの短編集に入っていただろうと思ってたらこれだった。『三十歳』ってやつ。

『夜のあぐら』も素晴らしく良い。

そういえば、長嶋有の小説ってきょうだいがよく出てくるなあ。

 

 

 

 

去年ルノアールで 完全版 (マガジンハウス文庫 せ 1-1)

去年ルノアールで 完全版 (マガジンハウス文庫 せ 1-1)

 

 これは家にあるやつ。

ルノアールで誰かを待つ客~巌流島での武蔵と小次郎~野坂昭如大島渚の殴り合いという妄想で吹き出した。何回も読んでるはずなのに全然覚えてなくて楽しめるのは私のお得な部分だと思う。

それにしてもこんな短いエッセイをよくドラマにしたよな。妄想をいちいち映像化したのすごいしキャスティングで笑わせてくるのずるいと思う。