ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

自由と信念

 

2009年6月13日からの三沢光晴

2009年6月13日からの三沢光晴

 

 

これを図書館で借りた。

三沢の死後、三沢関連の本は読む気がしなかったが、これは読んでみようと思った。

(夫はまだ読む気がしないと言っている)

 

彰俊へのインタビューを読んで涙してしまった。

私は当時も今も、彰俊に対して、お前が悪いとかあの時バックドロップをやらなければ…とか思ったことはない。

 

三沢には、「なんでだよ!」「あんたが死んだら駄目だろう!」とずいぶん憤った気がする。三沢は、一番、こういう形で人生を閉じてはいけないレスラーだったと今でもちょっと思ってしまう。そして、もっと報われてほしかった。生きてるうちに。

三沢の死はちょっと私には重すぎて、死んだの実感できなくて、でもわざわざ実感したくもなく、私はノアから離れた。

 

あと、コンディションが悪いっていうのは知ってたけど、ここまでだったとは。というか、「体調は良くない」ってレスラーはさらっと言いがちだけど、どのレスラーも私が想像するよりずっとぶっこわれた体で闘っていたりする。