読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

手帳に

仕事でつかってる手帳の空いてるページに、エルミナージュⅡのキャラのリストを書いてるのを夫にみられた。

別に恥ずかしいわけではない。

夫は、「親近感がわく」と言っていた。

夫は、ファイプロなんかでも、紙にトーナメント表をかいて誰が勝ったとか記録して「こうきたかー」とかいろいろ脳内補完して楽しむタイプだから。(対戦はコンピュータにまかせる)

 

そういえばけっこう前の話だけど、竹下がHARASHIMAに勝ったね。チャンピオンベルトって、誰が獲るかより誰から獲るかがかなり重要なポイントで、HARASHIMAから獲ったっていうのは大きな意味があるよなあ。ということをよく仕事中に考える。

 

手帳にキャラリストを書いているのは、私は本当に物忘れがひどいので、このキャラは次にどの職業に転職させて、最終的にはどの職業にするかっていうのを決めていてもすぐ忘れてしまうから。転職の順番を間違えたり、あれ?これじゃ闘士いなくね?とかなりがちだから。(一応全職業をそろえたい。)

 

仕事用の手帳に書いておけば、ちょっとした空き時間にこいつはやっぱり先に錬金術師にしとこうかな…とか考えられるじゃん?

 

 

 

息子、3年生になって学校が楽しそうだ。

2年の中盤くらいまで、毎晩「明日がっこうだ~」ってべそべそ言ってたのに…。

学校の細かいルールにも慣れて、仲のいい友達と同じクラスで、理科や社会といった新しい教科にも興味しんしんで、まあ、いろいろ。

話を聞いていると、どの先生も頑張ってこどもが楽しんで学べる工夫をしてくれていて、ありがたい気持ちでいっぱいだ。

こっちも、こどもの話と気持ちを真正面から受け止めなければと思う。

 

息子に、「おかあちゃん、この前、風呂でリンゴ食べたよ。風呂で食べるとうまいよ。」って言ったら「ぼくもやりたい!」っていうからリンゴをもたせて風呂に入らせた。

きれいに食べた。