読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

フィルム写真で息子のフォトブックをつくる(ネットプリントジャパンでつくってみた)

前回は…なんだっけ、時間がたったから忘れてしまったなあ。

そうだそうだ、しまうまプリントで息子の2010年の写真をフォトブックにしたのだった。これはまだ到着していない。

どんどん2011年、2012年の分を作成しなくてはいけないのだが(いつのまにか1年で一冊という縛りになっている)、このまましまうまプリントの世話になっていいのか悩んだ。

だって出来上がりがどうにも納得できなかったらいやだもの。

画質とか紙質にはまったくこだわらないから、たぶん納得できないってことはないと思うのだけども。CDやパソコンに画像データをいれっぱなしにしておくよりまし、くらいに思ってるだけだから。

 

で、2011年のをつくる前に、赤ちゃん時代の写真で1冊つくることにした。今回は、ネットプリントジャパンってところ。

フォトブックについて明るい人はご存じでしょうが、どうやらしまうまプリントと同じ系列らしい。編集画面とか注文完了メールの文章とかまったく同じだったもの。しかも、同じように安い。

違いは、ネットプリントジャパンのほうが最低ページ数が少なくて、レイアウトの種類が多くて、ソフトカバーには「スタンダード」と「プレミアム光沢仕上げ」っていう2種類あるのね。この「プレミアム光沢仕上げ」っていうのは「スタンダード」の2~3倍の値段なんだけど、たぶんしまうまのほうは「スタンダード」と一緒だろうなと予想して、「プレミアム光沢仕上げ」を選んだ。

どのサイズで何ページのを選択したかもう忘れてしまったからメールを確認したら、文庫サイズの24ページだった。しまうまより1ページに収められる写真の数が多いから、ページ数が少なくてもたくさんの写真を載せることができていい。

 

とりあえずしまうまとネットプリントジャパンの両方でつくったものが届き次第、比較して、次のフォトブックはどちらでつくるか決めようと思う。

新しいフォトブック屋さんを開拓するのもいいけど、フォトブック比較サイトみたいなのがたくさんありすぎて混乱する。

 

 

関係ないけど、ネットプリントジャパンという会社名が覚えられない。ネット、プリント、ジャパンというありふれた単語がくっついているから、私の脳みそにはまったく引っかからない。