ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

平熱37度

 

本日の一冊

怪談レストランシリーズ

・百物語レストラン

幽体離脱レストラン

 

百物語レストラン (怪談レストラン)

百物語レストラン (怪談レストラン)

 

 

 

 

学校の図書館から借りてきたもの。

息子が先に幽体離脱のほうを読んでいたので、私は百物語から読んでみた。

え…なにこれ、普通に怖い…。怖いよ…。

その後、幽体離脱のほうも読む。

こっちは、幽体離脱だから幽霊とか人が死ぬとかの話じゃなくて、百物語よりずっとマイルド。でも息子は顔がこわばっていた。

「百物語、めっちゃ怖いよ。」

と教えたら、じゃあ読まない、と言っていた。

 

怖いの苦手なのに、どうして怪談レストラン借りてくるのかなー?

字も読めて、内容もかなりしっかり理解できるけど、でもヘビーな話だと心がもたない。まだそういうお年頃。

私も小学生の時に、本屋で怖いマンガを立ち読みしたり、ピアノ教室にあった火の鳥を読んで、それがすっごく怖くてそれから何年も、夜寝る前に思い出して寝られない日々を過ごした。だから息子にはそんな思いをさせたくないな。

読みたいっていう欲望には逆らい難いんだけどね…。読んだら絶対後悔するって思っても、ついつい読んじゃったりするよね。

 

百物語レストランの話にもどるけど、昔、大津波で母親を亡くした男の子の話があってね。突然現れた母親の姿を追っていたら、行方不明になっていた飼い猫が飛び出してきて、海辺の松の木の下で何かを探すわけ。男の子が掘ってみたら母親の櫛が出てきて、更に掘ったら着ていた浴衣が…。

母親が幽霊となって出てくるっていうのが怖いんじゃなくて、男の子が、爪が割れて血が出ても必死で掘ったっていうところがなんとも切なくてつらい。こっちのほうが心に負荷がかかる。

 

 

本日の体温

ずっと気になってた。私、どうやら平熱が高いみたい…。

熱なんてめったに計らないけど、たまに計ると絶対37度こえてる。

おととしは、会社で受けるインフルエンザの予防接種が受けられなかった。念のためとか言われて。去年は、やっぱり37度以上あったから、1度サバよんで接種した。

全然、自覚症状っていうか、発熱してる感じはなくて、平常運転なんだけどね。なんだろうね。でもぐぐってみたら、平熱が37度以上のひとってけっこういるみたい。(そしてみなさん、ちょっと気にしてる…。)

ずばり、平熱37度は別におかしくないんだって。普通だって。(普通か?)

体温を上げると病気になりにくいらしいから…実際、この冬は風邪をまったく引かなかったしなあ、まあ、いいことだと思おう。

でも、まえは、たしか平熱が35度台だった気がする。かよわい女アピールしたくて、「私、平熱低いんだよね…」とか言ってたはず、10年くらいまえ。

 

下半身をあたためてるのが効いてるのかも。

 

 

本日の一枚

f:id:ikarikezuri:20160528205234j:plain

 

 ガラスの棒を溶かして丸めて、アクセサリーをつくるワークショップ。

息子が、私にキーホルダーをつくってくれた。

今度またこういうイベントに遭遇した時には、私が息子のために何かをつくってあげる約束をしている。

 

熱したガラスにぷーって息をいれてふくらませて、グラスとかをつくるのもいつかやってみたいなあ。

ガラスをぷーっと言えば、奥田民生の「さすらい」が主題歌だった長瀬智也主演のドラマ、あれなんだっけ、タイトルが思い出せないんだけど…えーと、ちょっと待ってください、いまぐぐります…えーとえーと、そう、「DAYS」だ!

…「!」とか言ってみたけど、いまいちピンとこないなー。こんな凡庸な名前のドラマだったっけ…。おもしろかったのになあ。

名前思い出せなかったけど、中谷美紀も出てましたよね。

最終回で、久しぶりに会った長瀬と中谷美紀が一緒にガラスのグラスか何かをつくるっていうシーンがあったんだよ。…たしか。…たぶん。

だから何?って感じだけど、なんかこういうどうでもいいことはいつまでも覚えてる。

 

 本日のメモ

新発田月岡温泉に、ガラス工房。