ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

起田の今を知る

 

本日の一冊

ムーミンパパ海へいく (ヤンソン

読み終わった…。

次は、『ムーミン谷の十一月』を読む。

 

 

新装版 ムーミン谷の十一月 (講談社文庫)

新装版 ムーミン谷の十一月 (講談社文庫)

 

 

ムーミンの小説は、

ムーミン谷の彗星

・たのしいムーミン一家

ムーミンパパの思い出

ムーミン谷の夏まつり

ムーミン谷の冬

ムーミン谷の仲間たち

ムーミンパパ海へいく

ムーミン谷の十一月

の順番。

(そして、幻の一作目として「小さなトロールと大きな洪水」がある。)

 

これから読もうとしてるムーミン谷の十一月、ムーミン谷ってタイトルにはいってるってことは、パパは島での暮らしをあきらめてまた谷に帰ってきたってことなんだろうか?

と思って十一月のあらすじをちらっとみたら

 

ミムラねえさん、フィリフヨンカ、スナフキンら個性豊かな六人が、ムーミン屋敷を訪れます。しかし会いたかったムーミン一家は、家におらず、六人は勝手に奇妙な共同生活をはじめます。

 

あ、帰ってきてない…。

でもこのメンツでの共同生活、すごくおもしろそう。

 

 

 

本日の驚き

大社長のツイッターで、台湾で元プロレスラーの起田高志のつくっているひょうたんのランプを買ったという内容があって、起田の現在を知りたくなった。

2011年に引退してるんだよね、けっこう前。私、健介オフィスダイヤモンドリング)については全然情報いれてなかったなー。

 

台湾にはイベントで行ってて、普段は日本で活動してるらしい。

職業、苔玉職人。

自分でつくったひょうたんに、奥入瀬の苔などの植物からインスピレーションを得たデザインをほどこした、かわいいランプもつくってる。

 

アメフト選手~プロレスラー~苔職人…。

 

起田の顔ってわかる?めちゃくちゃ眼力あって、ひとめみたら忘れられないインパクトある顔してるの。体もごついし。そんな男が、青森の自然のなかで苔を丸めている…。うああー今私のなかで一番興味ある人間だ!

 

奥入瀬モスボール工房、いつか行ってみたい。

 

www.mossball.jp

 

 

本日のおやつ

f:id:ikarikezuri:20160522142949j:plain

 

とくになんの意思もなく、買ったもの。

 

 

本日のアイロンビーズ

 

f:id:ikarikezuri:20160522143125j:plain

 ゴクリン。これ、失敗作。