読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

念願のフィルムシミュレーションだあー

とるもの

 

 本日のX30

私が新しく買ったデジカメは、FUJIFILMのX30という機種です。

何故これを選んだかというと、FUJIFILMのカメラには「フィルムシミュレーション」という機能があるから。

 

フィルムを長年作ってきた当社ならではの、豊かな色再現性と階調表現をフィルム取り替える感覚で設定できる機能です。

 

と、FUJIFILMのひとが言っている。

この機能を使ってみたくて…!

 

 

 

とりあえず試し撮り。

 

f:id:ikarikezuri:20160404211352j:plain

これはVelvia(ビビッド)。

 

 

f:id:ikarikezuri:20160404211452j:plain

ASTIA(ソフト)。

 

 

f:id:ikarikezuri:20160404211527j:plain

クラシッククローム

 

このクラシッククロームはX30から搭載されてる。

 私は今、ペンタックスのk-mの設定を彩度低くして(コントラストは高めにして)るんだけど、それに似た写りかも。好みだ。

ほかにも種類があるんだけど、とりあえずよく使いそうなやつだけ撮ってみた。

 

(ブラケット撮影すればよかったんだけど、会社の休憩時間でやり方がわからなかったのでできなかった。そしてフィルムシミュレーションブラケットは、プログラムモードじゃないとできないのかな?)

 

 

 

あとはアドバンストフィルターも試し撮り。

 

f:id:ikarikezuri:20160404210708j:plain

トイカメラ風。

トイカメラっていうか、フィルムが劣化しまくった感じだね。

 

f:id:ikarikezuri:20160404212058j:plain

ハイキー。

うーん、ハイキーだ。

 

f:id:ikarikezuri:20160404212124j:plain

ダイナミックトーン。

これはこれであり。ちょっと絵画風になるね。いつもいつも彩度低いのばっかり撮ってると、こういう写真も撮りたくなる。

 ほかにも種類があるけど、ミニチュアとか絶対使わないからねー。

 

 私はRAW現像にはかなり抵抗があるので、このカメラみたいに撮って出しでそれなりの写りをするモードがたくさんあるのはとても好ましいです。

あと、購入に至った点は、手動でピント合わせができるところ。コンデジを使っててストレスなのは、狙ったところになかなかピントが合わなくてウィーンウィーンいってたりすることだから。フィルムカメラだったら、たとえば写ルンですならパンフォーカスだしロモのLC-Aだったら1mとか3mとかレバーを合わせてその距離で撮ればいいし、一眼レフだったらピント合わせは自分の思うままだ。そういう感じで機械に振り回されないで写真が撮りたかった。

(でも、やっぱり普通の一眼レフと違うんだよな~ピントの合わせ方が。これは慣れだ。)

 

 

いつもブラックボディを買っていたから今回もブラックにしたけど、これはシルバーのほうがかっこいいかもしれない。そこだけちょっと残念。でもかっこよすぎて目立つからブラックでよかったのかもな。

 

 

 

 

今ひらめいたんだけど、使ってみたい機能のやりかたを単語帳に書いて持ち歩くってどうかな?すぐ忘れちゃうからさー。