ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

魚好きの私に息子がおすすめしてくれた本

「おかあさん、ライギョすき?」

「すきだよー。スネークヘッドはすきだね。」

「タナゴは?」

「タナゴもきれいだよね。」

そんな私に息子がすすめてくれた本。

 

 

ライギョのきゅうしょく (どうわがいっぱい)

ライギョのきゅうしょく (どうわがいっぱい)

 

 

ある程度、息子からあらすじをきいていて、「ふ、深い…」と思っていた。読んでみたら想像以上に良かった。

 

いつも一緒に遊んでいる仲良しのライギョとタナゴは、今日から魚の小学校の一年生。でもクラスは別です。ライギョは「ライギョ学級」、タナゴは「タナゴ学級」。

ライギョ学級は、「きゅうしょく」の授業です。

タナゴ学級は、「かくれんぼ」の授業です。

毎日きゅうしょくの勉強なんて、楽しそうだなあ。タナゴもおれがいなくてもしっかりやってるみたいだし、と安心するライギョ

でも、ライギョは、きゅうしょくの授業で先生から「ライギョは大人になったら自分で生きた魚を捕まえて食べること」、「生きた魚はフナやタナゴであること」…を知らされて頭が真っ白。

おれが…タナゴをたべる…?

 

という内容。

ちいさい二匹が、ライギョライギョにタナゴはタナゴに生まれてきたことを悩み、考え、考え抜く話。

ちょっと泣いた。