ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

『シャーロックホームズの思い出』を読んだ。そして想いは今夜の最終回へ…。

 

シャーロック・ホームズの思い出 (シャーロック・ホームズ全集)

シャーロック・ホームズの思い出 (シャーロック・ホームズ全集)

 

 

図書館でこれ借りて読んだ。

『海軍条約文書事件』が『百匹のおたまじゃくしの冒険』で、『ギリシャ語通訳』が『イヌ語通訳の冒険』のベースだね。

(『最期の事件』は『最期の冒険』とどれだけリンクしてるのだろう?)

 

イヌ語の通訳はもちろんシャーマンだけど、シャーマンは原作ではおじいさんでシャーロックホームズには1回しか登場しないっていうのは知ってたから、メラスさんていう新しい登場人物が出てきたのは想定内。

でも、マイクロフトが!

 

『百匹のおたまじゃくしの冒険』でもそうだけど、Eテレホームズのマイクロフトは、頭はものすごくいいんだけどディーラー寮の名誉のために悪事をなかったことにしちゃうじゃない?

だから原作でもシャーロックの邪魔をするいやな男だと思ってたの。

でも、腰が重くて自分で事件を解決しようと行動しないだけで、シャーロックに協力的で全然いやなやつじゃなかった。

不良が捨て犬にやさしくしてるとこみちゃったパターンで、いやなやつだと思い込んでたからよけいに「いいじゃん!マイクロフト!」って思った。

 

 

それにしてもウィルスン・ケンプ…。違う意味で大活躍だったな。

悪事のあるとこ、ウィルスン・ケンプあり。

 

 

って『シャーロックホームズの思い出』について何も語ってないね。でもEテレホームズをより深く楽しむために原作を読んでるだけだからさ。

 

さて、今日は最終回!

あー、あっというまだったなあ…。