ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

読書の記録 『かならず成功する読みきかせの本』(2012/2/3)

赤木かん子さんの
『かならず成功する読みきかせの本』を読んでいる。

この人の、本に関する言葉を信頼しているので、できるだけ著書を読もうと思っているところ。

子どもへの読み聞かせについてたくさんの大人から質問をされるという著者。
逆に、「何故こどもに本を読んであげたいのですか?」という質問を尋ね始めてみると一番多い答えは、「本が好きになってほしいから」だそう。
ではなぜ本が好きになってほしいのか。

「心のやさしいこどもになってほしいから…」


いえ、こどもは大人よりはるかにやさしいものです。
それに、こどもをやさしい大人に育てたいのならそれは本だけで教えることではなく、まわりの大人たちが人にやさしくふるまえばいいだけの話。
「本を好きになってもらいたい」というのは妥当な答えだけどもそれは優先順位の一番ではない。
一番は、
「子どもたちに幸福な気持ちになってもらいたいから」

そして、幸福かどうかを決めるのは、あなたではなく子供たち自身なのです。



というような感じのスタートなんですけど、いろいろ考えさせられるね。
親っていう生き物はやっぱり子供に本を読んでほしいものだからねー。
うちの息子は最近家じゃ全然本読まない。ポケモン図鑑ばっかり。
でも楽しそうだから焦らないことにする。
ムリに読み聞かせもしないようにしよう。
そして、自分のために、おもしろい本を探そうと思う。
児童書ってジャンルは全然知らないから、こういう本をたよりに今の自分にぐっとくるものを見つけたい。

 

 

かならず成功する読みきかせの本

かならず成功する読みきかせの本