ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

留守番について

夫が不在で一番困ったのは、かわいい息子(6歳)にひとりで留守番をさせる時間ができてしまったってことかな。

 

姑は、朝に働きに出てるのね。

7時くらいに家を出て、帰ってくるのは9時過ぎ。

ほぼ毎日。

 

平日なら息子は保育園に行くから関係ないけど、休日がね…。

私は土曜日が出勤のことも多いし、たまには休日出勤もあるし。

 私が家をでる8時から姑が帰ってくる9時過ぎまで、息子はひとりになる。

 

今までは、出勤時間の遅い夫が一緒にいれたし、もし夫も早く家をでなければいけないときは、近所の親戚の家に預けていた。

でもそう頻繁にお願いするわけにもいかないし、1時間ちょっとのことだからってことで、息子にはひとりで過ごしてもらっている。

 

申し訳ないなあ…とは思うし、毎回、後ろ髪引かれながら家を出るんだけど、でも出勤時間を遅らせようとは思わないから、私はこどもひとりの留守番を肯定してることになるのかなって思う。

 非難されてもしかたないかなあって。

 

 

でも、危険の芽を摘んでおけば、こどもにとってたまにひとりで過ごす時間は貴重だとも思うんだよ。

こどもは秘密基地が好きでしょう。

大人の知らない、自分だけの空間。

だから、留守番は秘密基地時間っていうのかな。そんな感じ。

 

このあいだなんて、自分の3DSでゲームやりながらそれを私の3DSのカメラで撮ったんだって。

いつもYoutubeでみてる、ゲーム実況の真似(笑)

 

みせてもらったけど、

左手で自分の3DSの十字ボタンを押してキャラを動かして、右手に私の3DS(カメラ)を持ってプレイしてるもんだから、Aボタンとか使う場面になると、カメラを床に置かなきゃならないのね。

だからほとんど、床のアップ。

息子の喋り声だけが聞こえるっていう。

(ちなみに体験版のピンチ50連発!!をやってました。その後にみせてもらったチャリ走は片手でプレイができるみたいで、なんぼかましな映像だった。)

 

楽しそうだった。

 ひとりの時間、エンジョイしてんなあ~って思った。

 こんなの、近くに誰かいたら恥ずかしくってできないって。

(私がカメラ持っててあげようか?って聞いたら、やっぱり拒否された。)

 

そんで、自分で撮ったゲーム実況動画(笑)を私にみせるのを楽しみにしてたんだろう。

私が仕事から帰ってきたら、

「おかあさん!すごいニュースがある…!」

って言ってきたもの。

 「おかあさん、きっと、すごいねって言うよ!」

 

 

 

 

 

(ちなみに、ゲームは姑が帰ってくるまでの時間だけ。

私がいないときにしてはいけないと約束してるので。)

 

こんな感じで留守番を楽しんでる息子だし、自由に使える時間があるのもいいことだとは思うんだけど、でもちょっとの罪悪感というか、もやっとした気持ちが晴れないのも事実。

もう少し息子が大きくなれば、また違ってくるんだろうけどね…。