読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

まだ手元に届いてないXR500に一抹の不安

キャノンFXが壊れて衝動的にリコーXR500をポチって、それはまだ届いてない。

(年始だからねえ…)

 

でも、デザインとか質感とか、好きになれるのかしら?

という不安はある。

 

 

写りに満足できればそれでいいんだけど。

 

 

私は、フラッグシップ機はもちろんのこといわゆる高級なカメラを使ったことがないので、ボディなんてただの暗箱みたいな考えで。

(だからポチったXR500が光線漏れをしないかだけが気がかり…!)

 レンズはずっと使ってたペンタックスのsmc PENTAX-FA 50mm/F1.7にする予定なんだけど、ずっと使ってただけに「思いもよらない写り」は期待できないのかなって。

そこのところ(ボディの性能による写りの違い)はどうなんだろう?

 

あほか!いい(高価な)カメラの方が写りがいいに決まってるじゃないか!

って普通は思う?

でも、ピントが合うのが速いとか測光方式が選べるとか、そういう電池が必要なカメラの話じゃないからさあ。

プロが選ぶカメラ(高価なカメラ)っていうのは、そういう機能が優れてて、確実な写真が撮れるアベレージが高い=信頼性が高いってことなんじゃないかな。

 

そういうのは、私みたいな人間には必要ない。

写ってればOK、くらいの考えだから。 

丈夫、っていうのは大切だけど。

 

 

 

まあ、写りがいいかどうかっていうか、写りが好きかどうかの方が重要だな。

 キャノンFXは大好きなカメラだったので、それと同じくらい好きになれるのか…。

ものすごく不安です。