ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

いきものに興味がないかわいい息子(6歳)

かわいい息子(6歳)が、水槽をみて言った。

「この黒いの何!」

 

水槽の中で泳いでいるのは、レオパードクテノポマ。

そのレオクテの、尾の付け根にある大きいスポットのことを言ってるらしい。

 

「ああ、これはこういう模様なの。」

「なーんだ、穴が開いてるのかと思っちゃった。」

という会話をしたんだけど、私はひっそりとショックを受けた。

 

レオクテを飼い始めて3年以上経ってる。

単独飼育にしてからは1年以上経ってる。

なのに、スポットの存在に今まで気づいてくれてなかったなんて…。

 

 

そういえば、ザリガニを飼ってた時も、ツメガエルを飼ってた時も、言わなきゃ気付いてくれなかったなあ。

水槽がかわいい息子(6歳)の目線より上っていうのも関係してるのかな。

水槽が、風景に同化してるんだね。

というか、そもそも、興味がないんだね。

 

 

生き物が大好きで、あれも飼いたいこれも飼いたいって言われるのも困るけど、(水槽1本猫1匹の世話が私に無理なくできる範囲だと今は思うので)、家にいる生き物にまったく興味がないのも寂しい話。