ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

読書の記録 『のんのんばあとオレ』

 

のんのんばあとオレ (講談社漫画文庫)

のんのんばあとオレ (講談社漫画文庫)

 

 

図書館で借りて読んだこれ!
これ!


めちゃくちゃよかった…。
何度も借りたいけど図書館の本が既にボロボロだったので、新しいのを購入した。

 

私が読んだのはマンガ版。
ファンタジーであふれてる。
エッセイ版もあるけど、読みたいけど、読んだらこのファンタジーが壊れて粉々になってしまいそうで、こわくて読むのをためらっている。


エッセイで語られているのか、のんのんばあに関する情報が何もない状態で物語は始まる。
私、のんのんばあって茂少年のおばあさんかと思っていたけど、違った。
「のんのん」っていうのは、仏様とか仏様に仕える人のこと。
(私の実家でも、仏壇を「ののさま」って言ってました。)
のんのんばあは夫が拝み屋で、ばあ自身も信心深かったのでのんのんばあって呼ばれてたみたい。

 


マンガでは昭和6年の出来事が描かれているんだけど、実際、のんのんばあは昭和8年に死んだ。
ああ…あのあと間もなくのんのんばあは死んでしまったんだ…と思うと切ない。
でも、のんのんばあは長生きしたよね。
この時代って、こどもがあっけなく死ぬ。