ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

連休が終わる

ゴールデンウイークにやったこと

 

・猫のトイレの大掃除

・白髪を染めた

エルミナージュⅡを進めた

・家族でバーベキュー (家の車庫で)

 

これで私は満足しなくては。あっというまの連休だったなあもっと休みてえなあと思うけど、仕事のある日もない日も同じ速度で時間は流れているのであり、どう過ごしていても日々は過ぎていくのだ。これが私の生活だ。仕事は、適度にがんばろう。

 

 

あと、長岡の悠久山公園に行った。

本当はショッピングの予定だったんだけど、最初に行ったGUでもう息子がギブアップ…買い物につきあうっていうのが心の底から嫌いみたい。でも息子のズボンと夫のシャツと私の仕事用Tシャツとスリッパを購入できたからもうそれでいい。

(仕事用のTシャツ、ペラペラで襟ぐりが開いてて安いのがいいという私の条件をGUは毎年満たしてくれる。)

 

 

 

悠久山公園には小動物園があって、

 

 

f:id:ikarikezuri:20170507083552j:plain

f:id:ikarikezuri:20170507083618j:plain

f:id:ikarikezuri:20170507083727j:plain

 

f:id:ikarikezuri:20170507083642j:plain

f:id:ikarikezuri:20170507083746j:plain

f:id:ikarikezuri:20170507083704j:plain

f:id:ikarikezuri:20170507083803j:plain

f:id:ikarikezuri:20170507083817j:plain

 

こんなのがいます。新潟はちゃんとした動物園がないしこれからも建てる予定がないらしいので、こういう場所は貴重だ。

 

 

f:id:ikarikezuri:20170507083833j:plain

 

花見の名所でもある。

 

そのうち、長岡にある山本五十六記念館を訪れたいと思っているのだけど、その前にもうちょっと太平洋戦争について知識を得たい。

 

 

そんな感じの連休。あとは息子と散歩したり。

息子と一緒に過ごせるだけで、しあわせな気持ちでいっぱいになる。もっと一緒にいる時間がほしい…でも働かないと息子を育てきることができない…そんなことをしょっちゅう考えている。

 

 

 

いまのレベル

君主 レベル131

闘士 レベル59

司教 レベル153

使用人 レベル72

忍者 レベル31

盗賊 レベル206

召喚師 レベル79

錬金術師 レベル55

侍 レベル101

狩人 レベル50

戦士 レベル31

神女 レベル13

巫 レベル13

 

現在。使用人がよく働いてくれるのでパーティから外せない。忍者はレベル上がるのが遅すぎて心が折れそうになるけど、首切り率上昇を楽しみになんとか育てている。

達成イベントは50。

2周目だけど、レアアイテムのドロップ率が上がってる感じがしない。

 

 

 

 

 

 

f:id:ikarikezuri:20170506101344j:plain

デジイチで撮った写真で息子のフォトブックをつくろうと思って画像の整理を始めたんだけど、枚数多すぎて途方に暮れてる。

息子の写真だけでげっぷ出るくらい多くてどう編集しよう?って思うのに、弟と義弟、それぞれの披露宴の写真も出てきてせっかくだからこれも入れたい~って思って、でもさすがに親戚一同がベンチに腰掛けてジュース飲んでる写真とかいらんだろ…とか。(でも一瞬これも入れようかと悩んだ)

もちろんプロレス観戦のときの写真もピックアップした。伊東や葛西が顔中血まみれになってる写真とか是非いれたい!と思ってて、でも頭のどこかでこれ選ぶのどうなの…と思うけどでも入れたい。だってどうせ息子ってば恥ずかしいからフォトブックつくってもほかの人にみせないで!って言うから、私しか見ないから、だったら私の好きなもので固めたい。

 

この作業がとてつもなく大変なので、息抜きに、トイデジで撮った画像を集めてフォトブックをつくろうかと思ってる。

 

 

 

 

 

大阪ハムレット(5) (アクションコミックス)

大阪ハムレット(5) (アクションコミックス)

 

 4巻と5巻を読んだ。

この本だけは…読んだら泣かずにいられない。

 

 

 

息子の変化

このあいだ、妙高サンシャインランドにいってきたんだよね。

まあその話はどうでもいいんだけど、ちょっと怖めのアトラクションに並んでるときに、「こういうのって、待ってる間がこわいんだよね~」「乗っちゃえば大丈夫なんだけどね~」みたいなことを息子としゃべってて、「学校と一緒だね。行っちゃえば楽しいけど、行くのが嫌だ、みたいな。」って言ったら、息子が「そうだね。でもぼくは今は楽しいだけだよ。」って言った。あんまり詰めて聞くのはやめようと思って何も言わずにいたけど、確かに、3年生になってからは明日学校だ~うえ~んっていうの、無い。

これ話したかもしれないけど、朝、登校班の集合場所に向かうときの足取りが全然かわったのね。前は、牛歩?ってくらいのっそりのっそり歩いてたけど、今はさっさとどんどん進んでいく。玄関の前で息子と別れて、玄関の横の車庫の車に乗り込んで発進させて息子の行く道をみると、あーもうあんなに先に行ってるよ…って毎朝思う。

 

学校でのことも、前よりずっといろいろ話してくれるようになった。読んだ本とか、学級内での係のこととか、授業のこととか。算数とかやっぱり2年に比べてちょっと難易度上がるじゃん?それが楽しいらしい。家庭訪問のときに担任の先生が教えてくれたんだけど、算数の授業中に、「おもしろい!」「楽しい!」って言ってるんだって。(声に出ちゃうほど楽しいってすげえな。)

 

(あー、あと息子に聞いてちょっとびっくりしたのが、「おにごっこ」を「おにご」って略して言ってるってこと。今はどの学校もそうなんだろうか…。)

 

 

そんな感じです。この子は学校生活向いてないんじゃないだろうか…楽しめる日は来るのだろうか…って実はずっと心配していたから、本当にうれしいことだ。

息子が、たくさん食べて、たくさん笑って、たくさん遊んで、たくさん知識を吸収しているこの日々がずっと続くように、おかあちゃんはがんばるー!