ウルトラ激辛カレー!!!(大盛)

辛いというよりしょっぱい毎日。

『帝一の國』の竹内涼真にノックアウト

 

帝一の國

帝一の國

 

 Amazonプライムビデオで『帝一の國』を観たんだよ。

原作の漫画は読んだことないし、映画公開時にキャストが仲良さそうに試写会等に出てる模様がZIP!で流れているのをみた記憶がおぼろげにある。わざわざかわいい男の子集めて、現実離れしたマンガのキャラそっくりのコスプレさせて、誰得なんだろうこういうのって…と思っていたのだが、Amazonのレビューがかなり高いことに心動かされてダウンロードしてみた。

結果、小さいタブレットの画面で全部観た後、家のテレビでも観てるっていう…。

いやあ、おもしろいよ。

 

 

ということで『帝一の國』目が釘付け俳優ランキングー!

 

第三位 菅田将暉

主人公!めっちゃ顔きれい。この人のしゃべり方、好きだな。あと、父親と銭湯にいる場面があるんだけど、腕!ほそい!でもひょろひょろに感じる一歩も二歩も手前、引き締まってて細い、少年かよ!しかも美少年かよ!かじりつきたい~!っていう腕。あの腕はないわー。完璧。

 

第二位 千葉雄大

天使降臨。髪形が唯一、普通で違和感なく観賞できる。メガネ。いつも静かに微笑んでいる。

 

第一位 竹内涼真

私いままでこの人の演技をみたことなくて、CMとかだけで、なんでこんな人が人気あるんだろなー、よくわからんなー、顔もそこまでかっこいいわけじゃないしー、って思ってた。でも大鷹弾っていう、文武両道でしかもさわやかで正しい心を持っていてクラスのみんなに超信頼されている漢気あふれる男っていう役なんだけど(しかも家が貧乏で母親が働きに出ているので幼い兄弟たちの面倒をみている。料理も超うまい。)これがまためっちゃかっこいいのよ!!!なによこのひとこんなにかっこよかった!?って焦ったよ。いやーこれから竹内涼真を見る目がかわっちゃうなー。

 

番外編としては野村周平。このあいだ『バイプレイヤーズ』に出てるをのみて、かっこいいなあって思ってたらこれだよ。役者さんってすごいね、みんな。

 

というわけで『帝一の國』、おすすめします。

親子で『刑務所なう。』を読む。

 

刑務所なう。 完全版 (文春文庫)

刑務所なう。 完全版 (文春文庫)

 

 図書館で私が借りて読んでいたんだけど、なぜか息子がめっちゃ食いついたので借りるのを延長した。朝、学校に行く前などの隙間時間に読んでいる。何がそんなに息子の興味をそそるのかわからない。刑務所のメニューかな?

 理不尽なこととかめっちゃあったっぽいけどそういうネガティブなことはほとんど書いてなくて(書けないこともたくさんあるらしい)、さらっと流して笑いにかえたり楽しい気持ちに自分を持っていって日々を過ごすの、これは才能だと思う。真面目に働いてどんどん階級が上がるのもおもしろい。堀江さんがいた長野刑務所は、ごはんがおいしい刑務所ベスト3にランクインするらしい。息子に、「入るんだったら長野刑務所だね!」って言いそうになって慌ててやめた。入ってもらったら困る。

 

Amazonプライムビデオで『百円の恋』みた。ステップ踏みたくなる映画!

 

百円の恋

百円の恋

 

 安藤サクラの『百円の恋』。昔から気になっていた映画をAmazonプライムビデオでみつけたよ。

上映時間の3/4までは出てくるやつ出てくるやつ糞ばかりで主人公も人の顔みないでぼそぼそしゃべるようなクズ女で本当にいやーな気持ちにしかならないけど、最後はすごくよかったな。安藤サクラ演じる主人公がどんどんボクシングがうまくなっていくところはめっちゃ興奮するよ。シャドーしてるところとかすごくかっこいいんだあ。観終わった後、自然にステップ踏んじゃうよ。